精液を増やすサプリ人気ランキング|亜鉛をとって精子を増やす!

精液を増やすサプリ人気ランキング|亜鉛をとって精子を増やす!

HOME | 運営管理者情報 | サイトマップ
お気に入りに追加
精液を増やす食べ物~亜鉛~
牡蠣

亜鉛を含む食品としてまう筆頭に挙げられるのが、牡蠣です。牡蠣は、種類も豊富であり1年中食することができますが、旬の季節は冬から春にかけてです。この時期は、牡蠣の味わいも濃厚になり、栄養価の高いものが市場に出回ります。このことから、牡蠣を使った亜鉛のサプリメントの多くは冬の時期に収穫されたものを使用することが殆どです。
また、牡蠣と言えば広島県が日本全国のシェアの50%以上を占めています。これは、広島県という土地が海流が安定していることなど牡蠣を育てるために最適な場所であるということも理由のひとつでしょう。広島県以外でも、岩手県や宮城県などあらゆる地域で牡蠣は収穫されています。亜鉛を摂取するなら牡蠣が一番含有量が多いということは揺るぎない事実ということも言えます。


牛肉

牛肉も亜鉛を多く含む食品としてよく知られています。牛肉のどの部位でも亜鉛を多く含んでいるのですが、特に多いのが肩や肩ロースという部位であり、ひき肉やテール、ヒレなどでも多くの亜鉛が含まれています。日本国内では国産牛が人気がありますが、どうしても費用面ではかさみます。国産牛と同様に人気があるのがオーストラリア産の牛肉です。国産牛に比べると味の面ではやや劣りますが、その代わり手ごろな価格で購入することができるというメリットがあります。焼肉やステーキはもちろんのこと、ビーフジャーキー、肉じゃがやハヤシライスなどでも牛肉は使われますから、食事に取り入れやすいということが言えるでしょう。牛肉の肩で100gあたり4.9mgの亜鉛が含まれており、単純計算で200gの牛肉を食することで成人男性の1日に必要な亜鉛の摂取量を賄うことができます。


うなぎ

うなぎは、古くから夏バテ解消効果や滋養強壮効果があるとして多くの人に好まれて来た食品ですが、このうなぎにも亜鉛は豊富に含まれています。
うなぎを食べることで得られる効果を考えても、それは亜鉛の効果と繋がっているということが言えるので、うなぎの効果=亜鉛の効果と言ってもいいでしょう。
疲れを解消する効果はもちろんのことですが、精液を増やす効果があるということは意外と知られていません。しかし、亜鉛の含有量はうなぎ100g中に2.7mg含まれています。この量は、成人男性が1日に摂取したい亜鉛の量の約4分の1に相当する量です。このことから、うなぎは亜鉛を多く含む食品としても知られており、精液を増やす効果がある食品であることが分かります。


穴子

一見、うなぎと似ている穴子、この穴子もうなぎと同様に亜鉛の含有量が多い食品として知られています。穴子に含まれる亜鉛の量は、1尾あたり227gで1.59mg含まれています。うなぎと比べるとその含有量は低いということが分かりますが、穴子はうなぎと比べると味も淡白であり、お値段も手ごろということで食べやすい食品ということが言われています。多めに食べても胃腸に負担にならないという意味では、うなぎ同様に価値のある食品ということも言えるでしょう。
更に、穴子には亜鉛だけでなく、セレンやビタミンB12の含有量も多いので、精液を増やすということや神経や脳を活性化する効果もある食品として注目されています。健康面を考えても、摂取したい食品ということも言えるでしょう。


チーズ

チーズと言えば、子どもから大人まで人気がある食品で種類も豊富であることが知られていますが、そんなチーズには意外と多くの亜鉛が含まれているようです。
チーズと言っても、特に亜鉛を多く含むのがパルメザンチーズです。イタリア料理店などでよく見かけるチーズで、粉状になっていることが特徴としてあります。
このチーズは、チーズの中でもクセがなく、食べやすいチーズとしても知られています。亜鉛の含有量は100gあたり7.3mgとかなりの量含まれています。100gもパルメザンチーズを使用するということは稀かもしれませんが、意外と多くの亜鉛を摂取できると言えるでしょう。また、プロセスチーズも100gあたり3.2mgの亜鉛が含まれています。



精液増やすサプリランキング