精液を増やすサプリ人気ランキング|亜鉛をとって精子を増やす!

精液を増やすサプリ人気ランキング|亜鉛をとって精子を増やす!

HOME | 運営管理者情報 | サイトマップ
お気に入りに追加
精液を増やす食べ物~ムチン~

目次

納豆

納豆は栄養価が高い食品というイメージですね。
実際にカルシウムやビタミン類などが豊富に含まれているため栄養価がとても高いです。いろいろな栄養素を含んでいる納豆ですが、それらの中でも特にムチンという成分が豊富に含まれています。

~ムチンとは~
たんぱく質と糖が結合した粘性物質の総称。納豆や山芋、オクラなどのネバネバの正体がこのムチンという成分です。
ムチンは体の中でも作られる成分です。ヒトの体で生成され分泌される粘液にはほぼ全てムチンが含まれています。
口腔内や胃腸などの消化器官、鼻腔や目の粘膜、関節をスムーズに動かすための関節液などにムチンは含まれ、その粘性(ネバネバ)によって、外部刺激から体の各機関を保護する役割をしています。
胃酸から胃壁を守る、ウイルスや雑菌が鼻や口から体内に入り込まないように保護するなどの働きをしています。その粘性により外部刺激から体を守る役割を持つムチン。しかしそれだけではなく「精液を増やす栄養素」としても知られています。その理由はタンパク質の吸収を促進するからです。

タンパク質の吸収を促進する
ムチンは食べ物から摂取したタンパク質が体へと吸収されるのを促進する作用を持っていると言われています。
タンパク質は体を動かすエネルギーをなる栄養素です。タンパク質がしっかりと吸収されることで、エネルギー代謝もスムーズに行われます。エネルギー代謝がスムーズに行われれば、精力、体力ともに増強されます。また、疲労回復効果も望めます。

その結果、精子を増やすことも期待できることから、ムチンは精液を増やす栄養素と呼ばれています。
古来より精力増強効果があるとしてネバネバ系の食品は重宝されてきました。その理由はムチンの疲れをとり、精液を増やす作用によって子孫繁栄するという意味合いに結果としてなるようです。
また納豆にはムチン以外にも精子を増やす作用のある栄養素が含まれていると言われています。納豆の成分であるナットウキナーゼは血行を促進し、ビタミンB1は精神的ストレスを緩和します。
この2つの栄養素の作用もまた精力増強、精子を増やすためのサポートとなります。納豆という食品は栄養価の高さからも常に注目されている食品です。
ムチンを摂取するという目的以外でも、意識して摂取していきたい食品であることは間違いありません。


オクラ

オクラはムチンが豊富な食材の代表的な存在として知られています。
オクラは6~8月が旬の夏野菜です。そのため夏場によく出回る野菜ではありますが、近年は冷凍ものも多くあり、1年中食することができる野菜のひとつです。

ムチン以外にもビタミン類が豊富な野菜でもあります。
代表的な栄養素とその期待できる効果をまとめました。

オクラの代表的な栄養素と効果
◆β‐カロテン(ビタミンA)・・・目や皮膚、粘膜の健康を守る・免疫力アップ
◆ビタミンC・・・ストレス耐性・風邪やインフルエンザの予防、皮膚や粘膜の健康を維持する
◆カリウム・・・高血圧の予防
◆カルシウム・・・骨の材料となる・イライラ予防、解消
◆食物繊維・・・ダイエット・腸内環境を整える
◆ペクチン・・・コレステロール値の低下、生活習慣病の予防など。

このようにオクラにはさまざまな健康効果が期待できます。
体と心が健康になれば、自然と精力、体力も増し精子の量を増やすことも期待できます。オクラは刻んで薬味のように使うというだけでなく、揚げたり焼いたり煮たりとあらゆる方法で食することができるので、万能な野菜と言うことができます。
いろいろな料理に活用でき、美味しい野菜ではありますが、精子を増やすためにおススメの食べ方のポイントをまとめました。

タンパク質食材と一緒に食べる
ムチンはタンパク質の吸収を促進する作用を持っていると言われています。 タンパク質がしっかりと体に吸収されることで、疲労回復、体力・精力増強となり、精子を増やすことができるとされています。オクラにはムチンが豊富に含まれていますが、タンパク質はほとんど含まれておりません。
そのためオクラ単体で食べてもタンパク質を摂ることは期待できません。せっかくのムチンのタンパク質吸収促進作用を無駄にしないためにも、オクラはタンパク質食材と一緒に食べるようにしましょう。タンパク質を多く含む納豆や鶏ささみ、マグロの赤身、卵や乳製品と一緒に摂ると良いでしょう。

茹ですぎない
おくらは新鮮で成長しすぎていないものならば生で食べることができます。
しかし、新鮮でないものや成長しすぎているものはスジができてしまったり、固くなってしまったりしているため生食は向いていません。実際には加熱して食べる人が多いと思われます。

加熱する際に気を付けたいのが「茹ですぎない」という点です。
茹ですぎてしまうとオクラの栄養素が壊れ、流れ出してしまいます。
ムチンも同じく流れ出してしまいます。ムチンをしっかりと摂るために食べるのであれば、ゆでる際にはサッと熱湯に通す程度が良いでしょう。オクラは和食に留まらず、洋食にも使うことができるということで、年々見かけることが多くなっています。
もちろん味わいも豊かで飽きがこないということも、オクラが支持されている理由と言えるでしょう。


山芋

山芋といえばネバネバ系食品としてすぐに名前が出てくる存在です。
一般的に山芋と呼ばれるものは3種類あります。

◆長芋◆
長形の形状をしています。水分が多く粘りは少ないです。そのため、とろろとして食べるのにはあまり向いていません。生のものを刻んで食べるとシャキシャキした食感を楽しむことができます。

◆大和芋(銀杏芋)◆
手の形、銀杏の葉の形に似ています。長芋に比べ水分が少ないため、粘りがとても強く食感も濃厚です。そのためとろろにして食べることが向いている山芋です。また、つくねや魚のすり身のつなぎ、お好み焼きの生地に混ぜるなどすると、ふんわりとした仕上がりになります。

◆自然薯◆
日本原産の山野に自生する山芋です。芋は地中にまっすぐに育ち長いものでは1mにもなります。人の手によっても栽培されていますが、成長がとても遅く手間がかかるため流通量が少ないです。そのため他の山芋に比べて高価となっています。粘りがとても強いためとろろとして食べるのに向いています。

大きく分けてこの3種類になります。
刻んで食べる、おろしたり和えたりすることができるだけでなく、揚げ物として食すこともできます。このように野菜でありながら使い道が豊富という印象が山芋にはあります。
この3種類の山芋うちムチンを多く含むのは大和芋と自然薯です。
長芋もムチンを含んでいますが、水分が多いため他の2つに比べるとその量は少なめとなっています。
ムチンを摂るためには大和芋または自然薯を食べると良いかもしれません。
山芋はそのネバネバからムチンという印象が強くありますが、実際にはアミラーゼという成分も豊富に含んでいます。
アミラーゼは消化酵素の一種であり、米などに含まれるデンプンを糖へと分解します。すなわち消化を助けるということになります。このように山芋には栄養価が高いというイメージが強いです。
しかしその反面、山芋によってアレルギー症状を起こす人も多くいることが現状としてあります。山芋が持つアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)によってアレルギー症状が起こる人もいます。
しかし、それよりも多いのが山芋の皮を剥く、すりおろすことで手がかゆくなるというというものです。
これは山芋の皮付近に多く含まれているシュウ酸カルシウムによるものです。シュウ酸カルシウムは「針状結晶」という形状をしています。
その名の通り針のように鋭く尖っています。目には見えませんがその針が皮膚に刺さることでかゆみが生じてしまう場合があります。シュウ酸カルシウムは熱や酸に弱い性質を持っています。
手や食べた時の口のかゆみが気になる人は、加熱する、酢やレモン水を混ぜるなどすると、シュウ酸カルシウムが溶けるのでかゆみを引き起こすことがなくなると言われています。


レンコン

レンコンもムチンを多く含む食品として知られています。
穴が開いている形状から、見通しが良いという意味で正月のおせちやお祝いの席に欠かせない存在です。
しかしレンコンそのものは主役となる食材ではなく、どちらかと言うと脇役的な存在という印象があります。 レンコンはシャキシャキした食感というイメージを持つ人も多いことでしょう。しかし調理次第でその食感は変わります。さっと火を通せばシャキシャキ食感に、大きめに切ってじっくり煮込めばホクホクした芋のような食感になります。さらにすりおろしたレンコンを焼けばモチモチした食感へと変化します。調理の仕方で食感を変えることができる魅力的な野菜でもあります。

また、親・子・孫によっても食感に違いがあります。レンコンは蓮の地下茎が肥大化したものです。地中で親レンコンから子レンコン、さらに孫レンコンと連なって育ちます。親レンコンは繊維がぎゅっと詰まっているため、煮物などしっかりと火を通しホクホクの食感を楽しむのに適しています。
子レンコンは程よい歯ごたえのため、さっと火を通して食べるのがおススメです。孫レンコンは生の状態でも柔らかいため、そのままスライスしてサラダや和え物にするのに適しています。
和食である煮物やひき肉などを挟んだはさみ揚げ、熊本県のお土産として有名なからし蓮根など、いろいろな調理法で美味しく食べられる野菜となっています。
レンコンを切ったりすりおろしたりした時のネバネバの正体はムチンです。このムチンを含むレンコンを食べることよって精液を増やすことが期待できます。
また、レンコンはムチンだけでなく他にも体に良い栄養素を含んでいます。

レンコンの身体に良い栄養素
◆ビタミンC・・・疲労回復、風邪やインフルエンザの予防、肌や粘膜の健康を守る、免疫力アップ、アンチエイジング
◆ポリフェノール・・・抗酸化作用、殺菌作用、収れん作用(止血・鎮痛・防腐など)
◆食物繊維・・・腸内環境を整える

レンコンはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCには疲労回復作用があると言われています。疲労を回復することで体力、精力も増強し精液を増やすことが期待できます。
またレンコンは切ると切り口が茶色く変色します。これはポリフェノールによるものです。レンコンに含まれているポリフェノール(タンニン)は空気に触れると酸化する性質を持っています。そのため、酸化=変色となります。最近レンコンは花粉症に効果があると言われています。その理由はこのポリフェノールによるものと言われています。

また、野菜の中でも特に食物繊維が豊富なため、腸内環境を良くすることも期待できます。レンコンは一般的に胃に良い食品として有名です。またコレステロールが少ない食品としても知られています。脂質の摂取が気になるという人にもレンコンはおススメです。


ウナギ

ウナギは亜鉛が豊富な食品として有名です。
亜鉛は精液を増やす成分のため、精液を増やすためには欠かせない栄養素です。 そのため、ウナギは精液を増やすためには適した食品と言えます。また、うなぎはムチンも豊富に含んでいます。

ウナギを食べるときにネバネバすることはありませんが、うなぎそのものはぬるぬるしています。活きの良いうなぎはぬるぬるしていて捕まえるのも一苦労するものです。このぬるぬるの正体がムチンです。
うなぎはこのムチンのぬめりによって体の水分を保ち、皮膚を保護していると言われています。
このぬめりは水をきれいにするとも言われています。ムチンには殺菌作用があるため水をきれいにするとそのように言われているようです。また、ムチンには美容効果もあります。

ムチンの美容効果
◆保湿◆
ムチンは粘膜となって肌の潤いを逃がさない、潤いを与える作用があると言われています。そのため、うなぎを食べることで肌の保湿力がアップすることが期待できます。
◆ヒアルロン酸の素となる◆
ムチンは肌の潤いを保つための成分であるヒアルロン酸の素となる物質を作り出します。ただし、あくまでヒアルロン酸の素となるため、ムチンを直接肌に塗っても効果はありません。体内に摂り入れる必要があります。
◆タンパク質の吸収をアップする◆
ムチンはタンパク質の吸収をアップします。肌や髪、爪などはタンパク質でできています。そのため、ムチンによってタンパク質の体内吸収率がアップすることで、肌や髪の健康を保つことができます。

このように美容効果もあるとされているムチンを含むうなぎは、男性だけでなく女性にもぜひ食べてほしい食品のひとつと言えるでしょう。
またうなぎは滋養強壮効果のある食品としても知られています。うなぎには疲労回復作用を持つビタミンB1が豊富に含まれています。また、その他の健康な体を保つためのビタミン類、ミネラル類もバランスよく豊富に含まれています。
さらに血中のコレステロール値を抑制するDHAやEPAといった物質も含まれており、動脈硬化や生活習慣病を予防することが期待できます。
精液を増やすためにはまず健康な体である必要があります。そのための栄養素もうなぎは含んでいるということになります。総合的に見てうなぎは精液を作る効果があり、滋養強壮の効果もあり、美容効果もある食品だと言えます。
最近は値段も高騰しているため手が届きにくくなっていますが、食べたほうが良い食品の一つであることは間違いないようです。



まとめ

精液を増やす食べ物はムチンが含まれる食べ物だということがわかりました。
毎日の食事に摂りいれたい食品。だけど、食事の準備には手間が掛かり分かってはいても摂りいれることは難しいものです。
どうしても精液を増やしたいという方はサプリを活用することをおすすめします。
サプリなら食事のように作る手間なく手軽に摂りいれることができます。
ですが、残念なことにムチンのサプリはあまり出回っていない現状があります。 精液にいい栄養素はムチンだけではありません。亜鉛もとてもいい栄養素です。 食事での摂取が難しい場合は亜鉛サプリの摂取もおすすめです。
自分の生活スタイルに合わせて取り入れやすい方法で摂取しましょう。

>>亜鉛サプリをチェックしてみる!!

精液増やすサプリランキング